GRASSHOPPER MANUFACTURE

花と太陽と雨と

NO image

タイトル名
花と太陽と雨と
プラットフォーム
PlayStation®2
発売元
マーベラスAQL
希望小売価格
7,140円(税込)
ジャンル
アドベンチャー
発売日
2001年5月2日
CERO
A(全年齢対象)

公式サイト

製品解説

ダークな世界観をもった『シルバー事件』とは対照的に、
グラスホッパー・マニファクチュアの二作目は太陽が眩しく輝くリゾート島を舞台とした作品に。

プレイヤーは“探し屋”モンド スミオとなり、人々から様々な探し物の依頼を受け、ホテル内や島内を駆け回ることになる。

その過程で、正しい数値を入力しなければ解除できない様々な謎が発生。

人々との会話や、島のガイドブックに書かれた情報をヒントに推測した数値を、
アタッシュケース型の暗号入力器“キャサリン”で対象物に入力して、シナリオを進行させていく。

BGMには、多くのクラシックの名曲が使用されており、シナリオはR-00~R-18で構成。
後半には『シルバー事件』と関連する部分も多く、同一の世界観上にある物語であることをうかがわせている。

モンド スミオは"探し屋"を生業とする男。ホテル"F.S.R."の支配人エドから「テロリストが島に隠した爆弾を探してほしい」との依頼を受けたスミオは、南海のリゾート地・ロスパス島にやってくる。
だがスミオは、ホテル従業員や宿泊客、島の住人たちから珍妙な"探し物"の依頼を受けてしまい、爆弾を探しに行くことができない。
そうこうするうちに、頭上で旅客機が爆破され、仕事は失敗と思われるが…。
ピンクのワニを連れた少女の夢を見て、翌朝目覚めると、爆弾はまだ爆破されていないという。次の日も、また次の日も同じことが起こる。
どうやらこの島は、同じ一日を繰り返しているらしいとスミオは考え始める…。

©Marvelous Entertainment Inc./ GRASSHOPPER MANUFACTURE INC.

PAGE TOP