GRASSHOPPER MANUFACTURE

サムライチャンプルー

サムライチャンプルー

タイトル名
サムライチャンプルー
プラットフォーム
PlayStation®2
発売元
バンダイナムコゲームス
希望小売価格
7,140円(税込)
ジャンル
アクションアドベンチャー
発売日
2006年2月23日 国内版
2006年4月12日 北米版 
CERO
C(15才以上推奨)

公式サイト

製品解説

SS

本作のゲーム性のメインとなっているのは剣による戦闘です。

コンボツリー(ボタン表示)に従って、テンポよくボタン入力することでコンボ(連続技)を繰り出すことができ、トラック(戦闘中のBGM)を変更することで、コンボツリーが切り替わり、使用できるコンボの変更も可能。

トラックは町中のトラック屋(アナログレコード店)で売られており、ここで購入したトラックを戦闘に使用することもできる。
敵と鍔迫り合いになった場合は、スロー画面になり、表示されたボタンを押すことでカウンター攻撃を繰り出すことが可能。
また、敵への攻撃が成功すると、段階的にハイパーモード→殺陣モード→トランスモードと、画面演出が変化。
斬った敵の数に応じて銭や得物、絵巻といった褒美(アイテム)を得ることができるという、高揚感溢れるゲームシステムになっている。

ゲームの舞台となっているのは江戸時代の蝦夷で、原作には無いオリジナルストーリーが描かれる。
シナリオは「ムゲン編」「ジン編」のどちらからでも進めることができ、どちらかをクリアすることにより、
ゲームオリジナルキャラの鶴巻ウォルソを主人公とした「ウォルソ編#1~#4」をプレイできるようになる。

"ひまわりの匂いのする侍"を追って旅を続けるムゲン・ジン・フウの一行。
腹をすかせた三人は、三食昼寝付きの仕事に釣られ、蝦夷行きの船に乗る。
松前藩が統括する北の果ての地は蝦夷城がそびえ、様々な人種で溢れかえる"チャンプルー"な土地だった。
あても無く辺りを彷徨っているうちに、怪しい一団に囲まれていた三人。
ムゲンとジンは二手に分かれて敵と戦うことになる。

©manglobe / 下井草チャンプルーズ ©2006 BANDAI/NBGI

PAGE TOP